仙人草による扁桃炎の治療方法(改訂版)

以前運営していたサイトから引き続き、
このサイトで仙人草の治療法をご紹介していましたが、
極端に大きな水疱ができた例の写真を使用していたためか、
この治療法を試すのをためらう方がいらっしゃるようですので、
写真を新しくして、この治療法の改訂版を掲載します。

仙人草による扁桃炎の治療方法(改訂版)

仙人草の葉を青汁が出るくらいよく揉みます。
手の荒れやすい人は、ビニール手袋などをすると良いでしょう。
治療法1

ビニール手袋が手元になければ、
ラップなどに包んで破らないように揉んでも良いでしょう。
ラップを使って



揉んだ葉を指の爪ほどの大きさに取り分け、それを手首の内側に当てます。
(関係あるかは分かりませんが、「内関」というツボがあるとの事です。)

(水疱ができ、多少不自由する場合があったり、 長期間傷跡が残りますので、
 施術をするのは 利き腕でない方が良いかもしれません。)
治療法2


絆創膏などで軽く押さえます。
治療法3

治療法4

治療法5
(この治療法を試さた方で、治療痕が丸くきれいな形になるようにと、揉んだ仙人草の葉を
 ペットボトルのキャップに詰めて使うという 方法を編み出している方がいらっしゃいました。)



5分~15分ほどすると、ぴりぴりとした痛みを感じはじめます。
痛みが出たら少し我慢して、20分~60分ほど経過したら取り除きます。
治療法6
時間については、体質や治療に使う仙人草の採取時期などによって違ってきます。
(あまり長時間放置すると傷跡がひどくなるので、長くても60分くらいで取り除くこと)

施術部位を軽く洗い、ガーゼなどをあてて保護します。
(施術部位は赤くなってきます)
治療法7



翌日になると、仙人草をあてた施術部位に
やけどのような水疱ができますが、なるべく潰さないようにします。
(昔は水泡を潰さないよう、治療部位に貝殻などをあてて保護したという事です)
水疱の様子

水疱の様子2
水疱の下に皮膚が再生し、自然に破れて治癒するまで待ちます。


以上で治療は終了、水疱ができた時点で既に効果が発生しています。

治療方法としてはたったこれだけで、
非常に簡単なものですが、絶大な効果があります。(個人差はあります)

実際にこの治療法を試した多くの方々から、
扁桃炎の苦しみから解放されたと
喜びの声を寄せていただいています。

この仙人草の葉を用いた治療法が、
なぜ効くのか、専門家ではないので正確な事は分かりませんが、
抗体反応を利用したものではないかと聞いた事があります。
また、減感作療法 (げんかんさりょうほう)の応用で
超短期間で効果の出る治療法ではないか
というご指摘をいただいたこともあります。

そういえば、
「この治療法は花粉症にも効果があるのではないか。
 この治療法を試したら、花粉症の症状も出なくなった。」
という報告をいただいた事もあります。
実際、私には扁桃炎は全く出ないのですが、30年もの間ひどい花粉症に苦しんでいました。
ところが、仙人草での扁桃炎の治療法を紹介するのにあたり、画像を撮るためにこの治療法を試したところ、
花粉症がとても軽くなりました。



注意事項

この治療法を行うと、仙人草をあてた部位に
やけどのような赤黒い跡が痣となって残り、
半年~数年は消えないので、
その点をご承知のうえ実施して下さい。
また、施術後数日間は火傷と同じ痛みがあります。

なお、くれぐれもご承知しておいていただきたいのは、仙人草による治療法は、
あくまでも民間療法であり、科学的に確立されたものではないという事です。
劇的な効果がある方もいらっしゃれば、まれに全く効果がないという方もいます。
効果には個人差があることをご承知置き下さい。
また、事後の管理が悪いと、なかなか皮膚が再生せず雑菌が入ってひどい状態と
なる場合もあるようです。

医療行為であるインフルエンザの予防接種においても、何割かの人には効果がなく、
まれに、副反応で重症化する方もいるくらいです。
科学的に立証されていない民間療法では、認知されていないリスクがあるかもしれません。


この治療法を試される方は、以上の点をご理解の上で
あくまでも自己責任でお試しいただくようお願いします。
この治療法を試した結果で生じたいかなる事態においても
このサイトの管理人は責任は負えません。




実際の治療痕
(1ヶ月経過後)
一ヶ月後の様子

(半年経過後)
閉鎖療法11
閉鎖療法を行っていますので、通常より跡が薄いかもしれません。










※個人差がありますが、極端に大きな水疱ができる場合があります。
 (下の写真はあくまでも極端な例です。)
仙人草治療による水疱

上の写真のように極端に水が溜まってしまった場合は
日常生活に不便なので、消毒した針や楊枝などで穴をあけ中の水を出します。
(雑菌が入ると化膿して治りにくくなるので注意して下さい。)
水疱の水を抜く
その後は、普通のやけどの治療と同様に軟膏などを塗布し、
ガーゼなどを当てて施術部位を保護して、傷の治癒を待ちます。


スポンサーサイト

theme : 喉の痛み生活
genre : ヘルス・ダイエット

comment

管理者にだけメッセージを送る

扁桃炎との戦い・・・。

今まで一度も扁桃腺が腫れるなんていう人生とは無関係だったのに、20代後半にさしかかりイキナリある日突発的な高熱に苦しみだして息もできなくなるほど辛く救急車を呼んだところ、車内で喉に穴をあけるかどうかの会話が・・・。
そのまま気が遠のいたのですが気づいたら病院で、喉に穴はあけられてはいませんでしたが医師に急性扁桃炎で死にかけてたとか、とにかく熱がすごいから解熱の点滴(ショック引き起こして死ぬ可能性もある)をしなくてはいけない状態だった事等いろいろ説明されました。
まだ頭がぼーっとしてたのでハッキリ覚えていませんが、喉になにかを挿入されて閉塞を免れてました。

医師に扁桃炎を頻発してるなら切除をしたほうがいいと言われたのですが、そんなの初めてだから頻発はしてないしと思いながらもそこから4日の入院でした。
一番つらいのは、水ですら飲みこむのが痛くてただれた肉をそぎ落とされてる様な激痛です。
いっそ一思いに楽にして欲しいと思うくらいの激痛体験、それも4日目には収まりその後は思い出すだけの笑い話かのように思ってたんですが、問題はそれが引き金になったのか頻発するようになりました・・・。

少なくて年に2回、多くて2か月に1度突発的な発熱から扁桃腺の腫れ、激痛・・・。
それでも2年間病院に行かずに家でじっと耐えてきましたが、久々に病院にいったらやっぱり切除をするべきだといわれました。
切除による後遺症などがすごく怖くていろいろ調べていたらこちらのブログにたどり着きました。

とても興味深い民間療法ですが、もともと漢方が好きなので是非仙人草を取り寄せてやってみようと思っています。

ただ少し疑問もあるので、1年前の記事ですがもしもコメント見たら答えて欲しいです。
仙人草を腕に塗布するタイミングは扁桃炎が起きてる時ですか?何ともない時に塗布してもいいのでしょうか?
それと腕に痕が残る以外に何か後遺症的なことはありますか?
プロフィール

senninso

Author:senninso
仙人草による扁桃腺炎の治療法をネットで紹介しています。
信州の山奥に住んでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
父の日・ギフト・花束・母の日
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
旅ポケドットコム
FC2アフィリエイト
英会話スクールWILL Square
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード